メラトニンは眠れない人にとって、幸せなことです。メラトニンは松果体から分泌された後、血液を伴って、全身をめぐって流れて、最後では肝臓で代謝されます。唾液や脳脊髄液、卵巣の卵包液、胆汁中にも移行します。血液脳関門や胎盤も通過します。メラトニンは松果体の他にも、網膜や消化管からも産生されることが明らかになっています。

睡眠によくない人は睡眠薬メラトニンをおすすめします。睡眠薬メラトニンは抗老化作用やがんに対する効き目を楽しんでいれば、多め(1日服用してください。メラトニンの服用で、眠くなるため、日中の服用は避け、夜間に服用します。精神安定剤や通常の睡眠薬を飲んでいる場合には医師に相談することが必要で、妊婦、授乳中の女性は摂取できません。自己免疫疾患や悪性リンパ腫や白血病など免疫細胞の腫瘍の場合は、メラトニンの服用は病気を悪化させる可能性があるため使用できません。

血液凝固を抑える作用があるため、血液凝固に異常がある場合や、ワーファリンのような血液凝固を阻害する薬を服用中は注意が必要です。血圧を低下させる作用があるため、降圧剤を服用中は注意して服用して下さい。メラトニンを多量に取ると、避妊効果があると言われていますので、妊娠を望んでいる女性は、睡眠薬メラトニンの使用は控えた方が良いでしょう。また、子供は充分な量が分泌されているので、サプリメントは接取させないようにしてください。