信頼に感じる睡眠薬メラトニンも、素晴らしい効き目が現れますが、メラトニンの副作用もあります。その理由は、サプリメントを服用すると、身体にメラトニンを生やす作用が低いといわれているからです。アメリカでは一般的に販売されているため、余計に危惧されています。また常用することで、サプリメントに依存することで、自力で眠ることができなくなることも危惧されています。今や市販のものは、通販でも購入できるものが多くなっていることから、逆に不眠を助長する可能性があるといわれています。

睡眠薬メラトニンを服用すれば、どんな服用量は身体に一番相応しいのが迷惑なことです。これもメラトニンの副作用です。本人の心理にはストレスを与えます。これはホルモンに直接な関係ということから悪夢を見る場合があるといわれています。そのため、睡眠をとれたとしても、質が悪く意味がないのではという指摘もあります。また、メラトニンはうつ症状を短期的に引き起こしたり、不安症を誘発するという副作用も確認されているため、実際に眠るために使用するという意味でさえも、効き目がないのではと噂されているほどです。

ほかに、メラトニンの副作用もあります。睡眠薬メラトニンには生殖機能の減少も報告されました。ホルモンのバランスを調整するメラトニンを取り入れることで、バランスが崩壊し、生殖機能が正常に働かなくなる場合があるといいます。まずサプリメントを服用することで、睡眠の質も変わってくるといわれているので、睡眠が正常に働かないというのも生殖機能に関わってくるのかもしれません。