不眠になる場合が多くなって、睡眠障害になりやすいです。不眠になる原因は様々です。同じな場合でも原因にが違って、治療方法が全て変化してきます。「最近よく眠れない」「寝てるのにスッキリしない」などと思ったら、睡眠障害改善のはじめとして、まずはその根本的な原因が何なのかを知ることから始めましょう。

それが、睡眠時間は人によって違います。7時間以上寝ても眠たいと思っている人がいれば、4時間寝れば大丈夫という人もいますよね。このような個人差があるため、不眠症はなかなか病気として一般に認知されにくく、本当は不眠症でも自覚症状がない「隠れ不眠」の人がたくさんいるんです。

ほかに、心理状態とも深く関係があります。精神や神経の病には、よくない睡眠を伴うことが多いです。その中でも不眠になりやすいのは、不安と抑うつです。憂うつな気分が続いたり、これまで楽しかったことが楽しめなかったりするのは、うつ病かもしれません。それが原因で眠れなくなったりします。慢性的な不眠症では、3分の1から半数は、何かしらの精神医学的な疾患を持っているとも言われています。落ち込んだり憂うつな気分が続く時は注意が必要です。

以上の様々の不眠原因について、お勧めな睡眠薬はメラトニンです。

メラトニンには、夜で、眠くなり、朝になるとスッキリ起きるという睡眠の規定なリズムを改善する効果があります。夜になりメラトニンの分泌量が増えると、身体には脈拍・体温・血圧がさがるという変化があり眠りの準備が整います。